また「蛭子本」を買ってしもうた…

IMG_0143



これまでも「蛭子本」はちょくちょく買ってるんだけど、

IMG_0134
立派なコレクション状態ww

どんだけ蛭子さんの印税ライフに貢献してるのかとw



ちなみに代表作の「ひとりぼっちを笑うな」は、

10万部を突破して海外でも出版とか。



2014年8月に初版8,000部にてスタート、テレビ、ラジオ、新聞など70を超える媒体にて紹介され、今回の17刷目をもって累計制作部数は10万部を突破。電子書籍の累計ダウンロード数も6,700を超えている。また、本書はすでに韓国にて翻訳出版され、今春には台湾での翻訳出版も予定されている。

引用:リアルライブ「蛭子能収節に共感続々『ひとりぼっちを笑うな』が10万部突破


これはベストセラー作家様ですわ。




で、今回買った「僕はこうして生きてきた」は、

大手の出版社じゃないから、あんま話題にならないね。



内容は蛭子さんの半生を綴ったエッセー風。


副題に「NO GAMBLE, NO LIFE」ってあるけど、

人生って博打みたいなもんというメッセージかな。


なかでも面白かったのは、麻雀賭博で逮捕された時の一節。

麻雀


(裁判官に対して)「全国には何万という雀荘があって、そこでは90%の人が同じようにかけているんじゃないでしょうか。」と言ったら、「いや、私は知らない」と一点張りなんです(笑)。そりゃあ立場上「はい」って言わるわけないんですけどね。


裁判官に
直球w




最近でも野球賭博は「合法化してもいい」

って言ってるくらいだからね、この人w


野球賭博に関与した質問に対して、「これが難しいところ。賭博は誰でもすることはする。俺も(賭けマージャン)で捕まったことがあるの で、賭博のコメントはしづらいんだけど……」と切り出し、「やっていることそのものはそんなに悪いことをしているとは思わない」と蛭子らしい回答で擁護。「みんなが楽しくやっているならそろそろ(賭博を)合法にしてもいいんじゃないか。それはそれで俺はいいと思います」

引用:シネマトゥデイ「蛭子能収、野球賭博に持論「合法にしてもいいんじゃないか」


正論というか、本音というかww




ちなみに「バス旅」についても、ちょっとだけ触れてて、

IMG_0118


マドンナはタレント枠がいいみたい。


女優さんやタレントさん、アイドルっぽい人いろいろですが、あまり人に気を遣わない僕でさえやはり女優さんには気を遣います。だからマドンナがバラエティ系のタレントさんだと正直ほっとします。


5-14

5-13

気を遣ってる詐欺ww



ま、蛭子本もネタが出尽くした感あるから、もう本は出さんやろうなぁ。

「ゆるゆる人生相談」は続編ありそうだけど。




関連記事: