明日、第12弾がBSジャパンで再放送される

12
加藤紀子がマドンナの回ね


Twitterでは月一のBS再放送のタイミングで番組情報を流すんだけど、


「リツート」や「いいね」が他のシリーズと比べて圧倒的!


以前にこのサイトで「人気投票」やった時も、


第12弾が1番人気で、


好きなシリーズ1


マドンナの加藤紀子1番人気だった。


好きなマドンナ1

関連記事:「【前編】「バス旅」人気投票の結果発表!」



もう、圧倒的って感じ。



DVDシリーズの最初の発売が第12弾だったことや、




「はじめてのトークショー」に加藤紀子がゲストで呼ばれたことも加味すると、

無題

どうやら、一般的な 1番人気=第12弾」 といっても良さげ。


関連記事:「「はじめてのトークショー」よもやま話」




じゃあ、なんで第12弾ってこんな人気なの?

12-10


って話。




自己流に分析してみると、

「バス旅」の“おもしろ成分”

すべて兼ね備えているんじゃないかと思うんだよね。



なので、ちょっと整理してみた。




1.ドラマ性(スリル)

4日目までどうなるかわからないスリリングさがあり、


12-22



これが伏線になって、

最後の金メダルでキレイにまとまるという理想的な展開


12-12

引用:加藤紀子ブログ「ローカル路線バスの旅、トークショーは。





ルートでは太川さんが第17弾までで、

1番焦ったと言っていた瀬戸での乗り換え


2883c75a
頭が真っ白になった模様



そして、別の意味でのスリル、四日市屋での宿泊


12-3
第10弾の肉屋の2Fが頭によぎった人も多いはず?





2.マドンナ

太川さんをサポートしつつ、

12-13


バス車内で蛭子さんに適度にツッコめるさじ加減。

12-15
バラエティの共演歴が長かったせいか、扱いが慣れている感じ。



逆に蛭子さんは加藤紀子に躊躇なくツッコむ感じ好きw


12-7
元「桜っ子クラブ」やしなw




この旅は、加藤紀子も楽しかったみたい。

あのバス旅中、眠れなかったのは
絶対面白い何かが起きる気配がずっとあったから。
やっぱり久し振りにこのお二人に会ってお話してて、
あの時寝れなかった興奮みたいな面白さが蘇りました。


引用:加藤紀子ブログ「ローカル路線バスの旅、トークショーは。




ちなみに、蛭子さん、加藤紀子以外のマドンナを覚えていない模様w


-----過去にいろんな女性ゲストが登場してますけど、お二人の中で強く記憶に残ってるゲストっていますか?

蛭子 「俺はねぇ、覚えてるのは加藤紀子くらいですよ。その前の人忘れちゃった。」

引用:「TVブロス」2012.12.23-2013.1.6号




これは、いとうまい子が泣くわww


11-44






3.景色の良さ

夏の木曽を駆け抜けていく映像がとても爽やか

12-17
バケーションしてる感じが好き


うーん、中津川野外教育センターの林間学校を思い出す(個人的懐古)

※名古屋で小学生時代を過ごした人ならわかるはず。






4.その他

他にもいろいろとツボになるような要素はいっぱいあって、

「バス旅」コンビのケンカだったり、


12-11

12-16




フランス人との交流だったり、

12-14
これは出来過ぎな感じもするけど…



名鉄バスセンターの人が出てきたり


名鉄2
「あ、第2弾のあの人だー」と思った



もう、楽しくなる要素を凝縮して詰め込んだって感じなんだよね。



もうすぐ映画公開を目前に控えて、

1番人気の第12弾の再放送は、

1番いいタイミングだったのかも。

12-5


ちなみに、映画版のマドンナ三船美佳からは、

機転の利かせ方など、加藤紀子っぽい要素を感じた。