前回に書ききれなかった

ルート枯渇 の内容を少々補足。

kokatu
No more 枯渇!





観光情報サイト「タビリス」にも


ルートの枯渇
についての記事があった。


シリーズも第19弾ともなると、

新たなコースを設定するのが難しくなっているのかもしれません。

路線バスはどんどん廃止される一方で、

新路線はほとんど生まれませんから、新ルートの発掘は容易ではないでしょう。

ということで、ルート的には、ややネタ切れを感じさせる第19弾でした。

次回はどんなルートを設定するのか、あるいはルール変更をするのか。

注目したいところです。


「ローカル路線バス乗り継ぎの旅第19弾 大阪城~金沢兼六園」に正解ルートはあったのか? 敦賀越えは困難すぎた」




太川さんは47都道府県を制覇したいらしいが、


ちょっと "無理ゲー"  かも…



muri







個人的には、「タビリス」の記事にあるように、

多少のルール変更はあり

と思ってる。(1回だけタクシーありとか)






あと、制作側のコース設定が難しくなった要因として、

太川さんの 経験値 スキル

がアップしていることも関係あると思う。

17-14
地図を眺める太川さん





例えば、

第17弾は、第4弾と一部のコースが重複していて、

以前のコースを覚えていたし、

17-16

15弾では6弾のことを思い出せなかったが…




第18弾ゴール寸前の

見事な "うっちゃり" は、

18-7

18-8

終点まで行くことなく、途中のバス停で下車して

時間短縮する術を身につけたからでしょう。




第14弾で学んだ事例

17-13

17-12
途中下車(@市民病院)すれば、終点まで行かなくてもよかった。



ちょうどいい難易度でコース設定することは、

制作側も大変だと思うのですが、

ぜひ頑張って欲しい!!

関連記事:"ルート枯渇" 以外にも残るバス旅の課題