奇跡の組み合わせ

とも呼べる

ルイルイ・蛭子コンビ。



luiluiebisu3





これは、荒木先生風にいうと、

BlogPaint


たとえるなら

サイモンとガーファンクルのデュエット!


ウッチャンに対するナンチャン!


高森朝雄の原作に対するちばてつやの“あしたのジョー”!」



ってことじゃないかとw


で、

このコンビがどうやって誕生したかっていうと、


「太川さんは割と几帳面で、頼りになるタイプ。
蛭子さんはなんでも勝手にやる感じだから、
蛭子さんのいろいろ壊していく感じは狙ってキャスティングしたと思う。
ただ、ここまでハマるとは思ってなかったでしょうね


  引用:路線バスの旅:太川&蛭子の人気旅バラエティー テレ東Pが明かす番組の裏側



いや、ハマりすぎでしょww

9-0

テクノカットの蛭子さん


お互いの連絡先も知らないという2人だが、

実はとても相手を思いやっていると思う。



まずは、

蛭子さん  
太川さん

luiluiebisu2



 食事シーンにて(蛭子さん談)

「テレビのロケで地方に行くと、スタッフと土地の名物を食べながら打ち上げをするでしょう。みんなで集まって語り合うのが苦手だし、大皿で名物をつつくよりも、一人分のカレーがいい。早く一人になって町をぷらぷら歩きたいなあと思うんです。

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』で共演しているタレントの
太川陽介さんは、気を使ってくれて、俺が食べ終わってもじもじしていると、『蛭子さん、もう帰っていいよ』っていつも言ってくれるんですよね。

  引用: 蛭子能収さん(1)「群れずに生きたい」(yomiDr.)




蛭子さんへの対応(太川さん著)


でも蛭子さんにイライラしている自分が嫌になってしまったんですね。それに蛭子さんにイライラしているボクと一緒に旅をしなければいけないマドンナにも申し訳ないな、と思いましたし。だいたい考えてみれば、悲観的だろうと前向きじゃないことをいおうと、それが蛭子さんの個性なんですから。あの個性がなければ蛭子さんじゃないんですから。

  引用:太川陽介・著『ルイルイ仕切り術』(小学館)



太川さん “大人”


すごく蛭子さんを理解している。




水道橋博士によれば


水道橋博士

「芸能界随一の蛭子使い」



とのことw


で、

一方の蛭子さんは自由そうにみえるけど、

実はすごく気を遣っている(部分もあるw)



続く



太川さんの著書には「バス旅」の裏話が載ってる